「何故」無くしてデザインは有りえない

Square

to English

デザインは、「何」と「何故」を明らかにすることから始まります。

シニアUX&UIデザイナーとしての国内外の経験を活かし、多様なチームと協力しながら、人々 (顧客、スタッフ、学生、ドナー、教師、研究者など)にとって有意義な体験(UX)を作り上げることが私の日常です。

ユーザーの目的とビジネスビジョンを分析して明らかにされた動機と洞察を、レイアウトとインテラクションに変換し、爽快で気持ちのいいフローとインターフェイスを設計します。

パソコンやスマートデバイスのユーザーにとって直感的なユーザージャーニーを設計しながら、複雑な概念、データ、フローを簡素化してストレスフリーな体験を生み出すことが毎日の楽しみです。

私は主にクライアントのWebアプリケーションのUIとUXを以下の様に担当します。

  • 複雑なアイデアや課題の背後にある「何故」を発掘し、シンプルかつ直感的なUXソリューションを設計
  • 目的に合ったユーザタスクフロー、インタラクション、コンテンツ設計、ビジュアルデザインのコンセプト立案
  • チームやステークホルダーに設計・デザインを伝えるための、完成度の高いAxureプロトタイプの作成
  • ワークショップ、ユーザーフィードバック、ステークホルダーミーティングから得られた情報を分析し、ユーザーフローとワイヤフレームを洗練
  • ブランドの方向性とオーディエンスに適したWebページやWebアプリケーションのビジュアルデザイン

Wantedlyで履歴書を見る(日本語)

LinkedInで履歴書を見る(English)